プロジェクトストーリー

Project Story
03

アスベスト除去

未来に優しい環境の再生
建設業だからできる手法で、
健やかな環境を次世代へ

安価な天然鉱物として、かつて多くの建築物に使われたアスベスト。その危険性が指摘され、それらは一瞬にして負の遺産となりました。当社は建設業ならではの知識と技術を生かしたアスベスト対策を一事業とし、環境再生に取り組んでいます。

向こう100年は必要とされる仕事

History 01

アスベストは、耐火性、耐熱性、防音性、防湿性などに優れた繊維状の天然鉱物。加えて安価のため、1955年頃から日本でも多くの建築物に使用されてきました。しかし、吸い込んだアスベストが体内にとどまることで様々な健康被害が引き起こされる危険性が指摘され始めます。2006年には使用が禁止され、多くの対策工事が施されるようになりました。そこで当社も、アスベスト対策を一事業として確立する決断を下します。

そこには、市町村合併や公共事業の緊縮という当時の背景も影響していました。建設業としての生き残りを考えた時、今ある建築物が入れ替わるまでに要するであろう100年の間は、確実に必要とされ、一定の仕事量を確保できる事業だと判断したのです。

向こう100年は必要とされる仕事
向こう100年は必要とされる仕事

建設会社ならではの対策工事を

History 02

そこには、必ずや建設業の知識や技術が役立つはずだという確信もありました。見渡せば、建築物の壁、床、天井、配管をつなぐパッキンやダクトのつなぎ目など、ありとあらゆる場所にアスベストを含む建築資材が使われています。それらの除去は主に解体時に行われるため、解体業者による施工が圧倒的に多かったのですが、いわば真逆の立場にある建設業の当社にも強みはあったのです。

例えば、建築物の構造を知り、モノづくりのノウハウを持つ当社なら、リフォーム時のアスベスト対策工事も請け負うことができる。また、除去するのではなくアスベスト自体の性質を変化させる「封じ込め工事」の技術も取得。施工領域を広げることで、多様なニーズに対応できる体制を築いたのです。

建設会社ならではの対策工事を
建設会社ならではの対策工事を

安心して暮らせる未来づくりへ

History 03

一事業としてこの部門を立ち上げて以来、所属する社員は常に自己研鑽に励んできました。その結果、アスベスト診断士や石綿作業主任者の有資格者が在籍する信頼のチームに。また現場の管理や施工はもとより、各種機関への申請や報告書の作成といった細かな手続きまで一貫して対応できるのも、土木や建築の事業で培ったベースがあるからでしょう。その安心感が評価され、今では上越エリア以外からの受注も着実に増えています。

当社が目指すのは、健やかな環境を次世代へつなぐこと。建設業に携わる私たちだからこそ、かつての負の遺産をしっかりと回収し、誰もが安心して暮らすことのできる環境の再生に尽力したいと心から思っています。

安心して暮らせる未来づくりへ
安心して暮らせる未来づくりへ